Works 仕事紹介 メインイメージ

Works 仕事紹介

WORKS 仕事紹介

価値創造のプロセス

商品企画

  • ステーショナリー事業
  • ファニチャー事業
  • 事務系(全学部・全学科)
  • 技術系(機械・電気・化学などを専攻されている方)

顧客を取り巻く環境の変化や、顧客のニーズを捉え、どのような顧客にどのような価値を届けるか、それは他社と比べてどのような独自性を持つのか、といった3C視点で、価値を見つけ出していく仕事です。商品企画立案後も、開発、生産、営業など他の職種のメンバーと連携し商品の価値を顧客に届けるまでのバリューチェーン全体をつなぐ役割を担うこともあります。

商品開発

  • ステーショナリー事業
  • ファニチャー事業
  • 技術系(機械・電気・化学などを専攻されている方)

商品開発

プロトタイプの製作、評価のプロセスを繰り返し、機能・デザイン・品質・コストのバランスが取れた商品に、価値を形作っていく仕事です。また、商品の詳細設計フェーズを担当する場合は、工場側の立場から、商品開発担当が作ったものを、より効率的に、安全に大量生産するために、商品の設計図面の仕様変更や、製造現場との調整を行う役割を担います。

  • ステーショナリー事業

    商品カテゴリーやアイテム数が多いため、外部パートナーを巻き込みながら商品開発を行います。ノートを筆頭とした完全自社工場生産商品以外は、国内外の多岐にわたる協力工場の担当者と連携します。

  • ファニチャー事業

    機構とデザインを両立させるため、社内デザイナーと連携しながら商品開発を行います。ファニチャー事業で取り扱う商材は、家具以外にパーテション等も含まれ、自社生産品も多く、工場側の立場で詳細設計を行い、開発・設計・生産の橋渡しを担うこともあります。

生産技術・
生産管理

  • ステーショナリー事業
  • ファニチャー事業
  • 事務系(全学部・全学科)
  • 技術系(機械・電気・化学などを専攻されている方)

生産技術(技術系)

形づくられた商品を、無駄なく、スピーディーに、安定して大量生産するため、生産現場で使用されるあらゆる種類の機械設備や作業工程の改善を行う仕事です。また、製造設備の新規開発・導入や、協力工場への技術支援なども行っています。新商品の立ち上げの際は、技術的な側面での提案を行い、商品開発担当者と初期段階から連携して試作品開発を進めることも増えてきました。

  • ステーショナリー事業

    国内外の協力工場へプロジェクトベースで出張対応し、技術改善や作業効率の向上を検討、実施します。

  • ファニチャー事業

    国内の自社工場に常駐し、工場側の目線でも技術改善や作業効率の向上を検討、実施します。

生産管理(事務系)

品質の高い商品をより安く、安定して市場へ供給するために、価値を磨き上げていく仕事です。
大きく分けて3つの役割があります。

  • 01 生産量全体のコントロール

    商品を生産する際、いつ、何を、どれくらい、どこでつくるのか、ということを全体最適視点でコントロールし、効率的な生産体制を築いていきます。

  • 02 調達先の選定

    新製品を立ち上げる時、商品企画・開発担当から要望を受け、必要な規格の原材料を安全で安価に調達できる取引先を世界中から探し出します。

  • 03 原価管理

    製造コストをできるだけ下げ、利益の最大化を実現するため、生産工場の再選定や、既存工場への追加投資を検討したり、在庫管理・運搬方法の改善などを実施します。

営業

  • ステーショナリー事業
  • ファニチャー事業
  • 通販事業
  • 事務系(全学部・全学科)

お客様の課題を明らかにし、それを解決する商品・サービスを組み合わせて提供する仕事です。お客様に価値を届け切るために、社内外の関係者を取りまとめる役割も担います。

  • ステーショナリー事業

    一般消費者向けの小売り店舗(文具店や大手スーパー、コンビニ等)に対して商品や店頭での見せ方を提案し、価値を届ける活動を行います。
    また、コクヨ製品を取り扱っている卸や販売会社、EC事業者への提案活動も実施します。

  • ファニチャー事業

    お客様のオフィスの新設・移転に伴うオフィス空間すべてに関する提案、構築を行います。企業の経営陣、総務担当部門、実際のユーザーとなる社員へのヒアリングを通じ、お客様の課題やニーズを把握し、働き方やオフィスの提案へつなげます。実際の空間設計や施工業務は建築系職種の社員が担当しますが、プロジェクト全体の責任者として、お客様や社外の施工パートナーとも関わりながら取りまとめます。

  • 通販事業

    お客様が抱える経営課題の中で、業務効率や内部統制・コスト削減などの課題に対し、購買システムというソリューションを提案し、解決へのお手伝いをします。単なる商品購買としての手段ではなく、課題解決のパートナーとなるための提案型営業を行っています。

空間設計・施工管理

  • ファニチャー事業
  • 建築系(建築を専攻されている方)

“働く・学ぶ・生活する”という人生の多くの時間に関わる空間を生み出す仕事です。特にその空間を実際に使用する“人”にフォーカスを当てて、それぞれの空間が人のパフォーマンスを最大化するような企画提案、意匠・実施設計、施工管理を行います。コクヨの建築系の仕事には、大きく「空間設計(意匠・実施設計)」と「施工管理」の2種類の仕事があります。

空間設計(意匠・実施設計)

顧客の経営課題を、空間価値を最大化することで解決する仕事です。そのため、単に見栄えの良いデザインの内装を作ることが目的ではなく、顧客ニーズのヒアリングに始まり、コンセプト提案、実施段階での細部のインテリアデザイン、納入家具の選定、さらには、空間構築に関わるステークホルダー(ゼネコン、配線業者、引越し業者)との調整や納品後のフォローまで、若手から一貫して携わることができます。また、各関係者との間に立ってプロジェクト全体の管理をするプロジェクト・マネジメント、空間の使用方法「学び方」「働き方」などのコンサルティング業務なども仕事内容に含まれます。

施工管理

設計図を実際の空間として実現することが仕事です。設計者が描く設計計画を、施工の観点から実現の可能性を検証し、材料や工法などを検討、施工にまつわる費用の積算などを行います。コクヨ内外の工事を担当するパートナーと直接やりとりをして、2次元の設計図面を目に見える実際の空間として具現化していく部分に関わる仕事です。

商品選定・企画

  • 通販事業
  • 事務系(全学部・全学科)

文具から飲料、家具まで、オフィスで使う様々な商品の専門知識を持って、お客様に喜ばれる商品を様々な商品提供パートナーと交渉しながら選定する仕事です。また、お客様の困りごとを解決する商品が世の中に存在しない場合は、その商品を外部パートナーを巻き込みながら開発してお客様の困りごとを解決することを目指しています。

※コクヨの中ではMD(Merchandising marketing Director)と呼ばれています。

Interview 商品選定・企画担当 社員インタビュー

媒体企画

  • 通販事業
  • 事務系(全学部・全学科)

商品の価値がお客様に十分に伝わり、購入につながるような媒体(カタログ紙面やWebページ)をつくる仕事です。特にWeb上では、ページ利用者の動向を分析するWebマーケティングや、その結果を踏まえた購買を促すプロモーションを行い、商品が売れる仕組みを構築します。

Interview 媒体企画担当 社員インタビュー

物流

  • 通販事業
  • 事務系(全学部・全学科)

お客様が注文をした商品を、早く、正確にお手元に届けられるように、統計学なども用いながら膨大なデータを分析し、配送計画、在庫計画を立案します。変化の激しい環境の中で、未来にどんな感動をお客様にお届けしていくか思い描きながら、事業戦略を策定し、情報システムを導入していくなど、まさにネット通販事業の根幹である物流を作っていく仕事です。

経営推進・事業戦略
財務経理・IT・人事など

  • 経営スタッフ
  • 事務系(全学部・全学科)

経営推進・事業戦略

経営のスピーディーで的確な意思決定を促し、企業活動全体の舵を取る仕事です。経営や事業の関係者と議論しながら中期経営計画や事業戦略を策定し、その実行を推進します。

財務経理

経営や事業の意思決定を数字の面から後押しする仕事です。企業活動の数字を把握し社内外の関係者に共有することに加え、経営戦略を理解した上で、財務・会計・税務視点で、全社及び事業上のリスクや課題を把握し、対応策や解決策を提案・実行します。

IT(情報システム)

コクヨの事業活動全体をシステムという側面から俯瞰して、より効率的に効果的な運営を後押ししていく仕事です。社内もしくは販売会社や代理店向けに作られたシステムの管理・運用・保守に加え、ITを駆使したコクヨ社員の業務改革や、新しい技術・サービスを取り入れた新しい働き方を提案、リードしていきます。

人事

経営資源の中でも特に重要な人材の面から事業成長を支える仕事です。会社と個人の成長をつなげるために、事業戦略に合わせた、人材の獲得、育成、配置登用による人材活性化と、一人ひとりが創造性を発揮しながら仕事でのチャレンジを通じて能力を高めて成長していけるような環境づくりを行います。

Interview 経営推進・事業戦略・財務経理・
IT・人事担当
社員インタビュー