社員紹介 小林 光佑 メインイメージ
施工管理

小林 光佑 Kosuke
Kobayashi

Profile

2016年4月入社
工学研究科 建築学専攻 卒業
建築系コース採用
ファニチャー事業本部 エンジニアリング事業部 工事部 工事第1グループ

Poeple 社員紹介

今の私の仕事

社員紹介 小林 光佑 インタビュー写真「今の私の仕事」

同じ案件でも担当する施工管理者によって全然違う工事になるほど、案件のコントロール力が工事の円滑さにもろに反映される仕事です。

入社以来、ずっとファニチャー事業のエンジニアリング事業部で空間構築に携わってきました。以前は空間設計と施工の両方をやっていましたが、現在は施工専門です。
コクヨの中で施工というと、具体的にはオフィス内装工事の工事監理、施工管理を行なう職種です。営業が受注したオフィス構築の仕事は、まず設計に降りてデザイン・設計が行われ、その内容がある程度固まったら施工に降りてきて工事スケジュールが組まれるという流れです。また工事が着工した後も、常駐管理者を通じて現場に指示を出し、工事コントロールやコスト管理を行ないます。

施工管理に求められるのは、基本的には円滑に施工が行われるためのリスク管理、スケジュール管理、コスト管理です。つまりデザイン・設計されたものを計画通りに安全に仕上げていくという役割。知らない人が聞くと、ちょっと地味というか表に出ない陰の存在のような印象を受けるかもしれませんが、全然そうではありません。現場の職人さんたちを含めて工事に関わる人々全員が管理者の指示に従って動きますから、むしろ非常にシビアで気の抜けない仕事です。その分、個人の力量がもろに表に出てしまう、案件のコントロール力が工事の円滑さにもろに反映される仕事だと言えます。例えば同じ案件を違う管理者がやったとしたら、全然違う工事になるほど、施工管理の影響力には大きいものがあります。

そんな施工の仕事でポイントになるのは、現場で起こるトラブルをいかに未然に防ぐことができるか、トラブルの元に気付けるかどうかです。そのために現場は常に確認するのですが、どれだけ綿密に状況を把握しているつもりでも、やはりどこかに見落としがあったり、考えが及ばなかったりすることがあります。それに気づかず指示を出すと、現場はすべてその指示に従って動きますから、混乱やトラブルが生じるわけです。このように図面からでは分からないことが現場では起こりますから、施工はその場の対応力、応用力が試される仕事でもあります。

しかし最終的には、経験がモノを言うところが大きいのは確かです。今の自分の知識でどれだけ考えても気付けないものは気付けない。未経験のトラブルに一人でうまく対応しようと思っても限界がある。そこは現場の職人さんの知恵を借りたり、上司や先輩の知恵を借りることで補っていくしかありません。そういう意味ではコミュニケーション能力も重要な要素だと言えますね。

仕事で体験した最大の壁と最高の瞬間

社員紹介 小林 光佑 インタビュー写真「仕事で体験した最大の壁と最高の瞬間」

何かを作り出す仕事にこれで完璧ということはありません。それを分かっていながら、出来るだけ完璧に近づけるように自分を進化させ続けていきたい。

以前、自分で設計して自分で施工管理まで行なうという仕事を初めてやった際、設計段階では問題無いと思ってたのに現場で不具合やトラブルが続出したことがありました。それが今までで思い当たる最大の壁です。
美術館の展示室の設計・施工だったのですが、完成した建物の躯体の寸法が図面と違っていることに対応できず現場でトラブルが続出したんです。工事は既にスタートして図面を引き直す時間はない。そのときが一番の危機でした。
通常であれば、設計し直したり、造作物を作り直さないといけないケースです。でもその時は完全に周囲の方々の力を借りるという方法に徹しました。こういう状況なので改善したいという要望を現場の職人さんや製作工場に伝えて、その場で工程を組み直し、部材を作ってもらう。現場での施工管理者という自分の立場を度外視して、周囲の経験豊富な方々にお願いして回りました。その結果、皆さん豊富な経験で培った現場対応力を惜しみなく発揮していただき、問題なくお客様に引き渡せる展示室が出来上がったんです。
後から思い返すと、確かに不安な要素はあったんですが、現場で調整がきくだろうと自分で思い込むようにしていた。でもそうした不安要素は必ず現実になるといことを身に染みて体験しました。それからは、設計する段階から現場で施工する視点を常に持って、少しでも気になるところは事前に潰して現場に迷惑かけないように、ということを自分の絶対のルールにしました。

逆に、今までで体験した最高の瞬間なんですが、これが正直思い当たりません。いまだに自分が満足いく仕事が出来ていないということです。常に終わった仕事を反省して、次はこうしようと考えることを繰り返しています。何かを作り出す仕事にこれで完璧ということはありませんが、ありえないことを分かっていながら出来るだけ完璧に近づけるように、自分を進化させ続けていきたい。そうしていくうちに、いつか最高の瞬間に出会えたらいいと思います。

コクヨという会社、そして自分の未来

社員紹介 小林 光佑 インタビュー写真「コクヨという会社、そして自分の未来」

コクヨには、一般的な会社員の枠にはまらず自分の個性で仕事の成果を出している先輩や上司がいます。

コクヨの中で自分が見習いたい人の一人に、かつて美術館や博物館の仕事を行なっていた時の上司がいます。コクヨの一社員でありながら美術業界の中で名前が知れ渡っていて、お客様や設計事務所から直接指名が入ったりする上司でした。それは専門知識を持つ業界の人と対等に話が出来るほどその業界を勉強して知り尽くしていたからなのですが、それで確固たる信頼を個人として勝ち取っていた点が、自分の目指す理想のエンジニア像と重なります。
そうしたちょっと尖った人物、一般的な会社員の枠にはまらず自分の個性で仕事の成果を出している先輩や上司がいるのは、コクヨの魅力の一つではないかと思います。

学生たちへのメッセージ

今就職活動をしている学生の皆さんには、出来るだけ多くの会社を見て、いろんな業界や職種に興味を持って、広い知識を身に着けてほしいと思います。最終的に1社を選ばなければならない時は悩むと思いますが、そこで身に着けた知識は社会人になった後で必ず活きてきます。入社は決してゴールではないので、その後の人生の可能性を広げるという意味でも広い視野を持って活動していただきたいですね。

People 社員紹介