社員紹介 菅原 英剛 メインイメージ
商品開発

菅原 英剛 Hidetaka
Sugawara

Profile

2012年4月入社
創造理工学研究科 総合機械工学専攻 卒業
技術系コース採用
ステーショナリー事業本部 クリエイティブプロダクツ開発部 開発第3グループ

Poeple 社員紹介

今の私の仕事

社員紹介 菅原 英剛 インタビュー写真「今の私の仕事」

1年に1回、自分が開発した商品が世に出て日常をちょっと便利にする。それがとても魅力的に思えて、コクヨでステーショナリーの開発を行なう道を選びました。

開発本部では、ステーショナリー全般の商品開発を行なっています。まず商品企画の部署からこういう商品を作りたいという依頼が出てきますので、それに対して私たち開発は、こんな技術を使えばこういう新しい商品が作れますよ、と方向性を示して基本的な概要を固めます。それがOKになったら実際にデザインして、設計して、場合によってはパッケージも作って、商品として成立させるまでを行ないます。また工場での生産が始まっても、細かいトラブルが一通り治まって生産が安定するまでは、私たち開発もサポートを続けます。これが商品開発の大まかな流れです。

企画から上がってくる依頼も様々で、細かく具体的に仕様を伝えてくる場合もあれば、非常いに大まかな依頼の場合もあります。私の所属する第3グループはステーショナリーの中でもペーパーカッターやステープラー、パンチなど金属や刃物を使用した商品を開発しているのですが、「世の中に無いステープラーを作りたい」というざっくりした話から企画と開発が一緒になって生み出したのが、今やコクヨを代表する文具の一つとなった「針なしステープラー ハリナックス」です。
また、商品企画から依頼が上がってくるのではなく、私たち開発側からこの技術を使ってこんな商品を作りましょうと逆提案することもあります。それが企画側として打ち出したい商品ラインナップに合致するようであれば、具体的に商品化が進むことになる。そういう意味でコクヨの開発は、企画的な領域にまで踏み込んだ開発部門だと言えます。

開発本部の使命は「新しい価値のある商品を少しでも早く、たくさん生み出すこと」です。そのため開発の人間は日々要素技術の研究を行ない、世の中の技術動向を勉強し、工場やサプライヤーさんとコミュニケーションして新しい技術のネタを探しています。特にものづくりの技術は自動車業界や航空機業界などが最先端を走っていますので、そこで出てきた新しい材料、素材の加工法などには常に注目しています。

私自身はロボット工学の出身です。ステーショナリーとロボットでは全く畑違いなので驚かれるのですが、ロボットの世界では10年後、20年後に実を結ぶ新技術を開発するのに対し、ステーショナリーは1年に1回自分が開発した商品が世に出て、それで世界は劇的には変わらないかもしれないけど、生活者の日常をちょっと便利にすることができる。それがとても魅力的に思えて、コクヨでステーショナリーの開発を行なう道を選びました。

仕事で体験した最大の壁と最高の瞬間

社員紹介 菅原 英剛 インタビュー写真「仕事で体験した最大の壁と最高の瞬間」

開発・設計の段階から、誰がやっても正しく組み立てられて、ちゃんと性能を発揮する製品が出来上がるようにする。それが私の役割であり、この仕事の醍醐味です。

私の開発者としてのポリシーを形成するきっかけとなった出来事があります。
私が設計したある新商品の発売直前、生産を始めた海外の工場から、部品を組み付けるネジが長すぎて製品を貫通して割ってしまうという連絡が入りました。私がその工場に生産立ち合いに向かう2日前のことでした。それを聞いた時は、もう目の前が真っ暗になりましたね。そんなことがなぜ起こったのか信じられなくて、でも原因究明したくなるのをぐっと堪えて、とにかく現状に対処することを優先しました。とは言え発売が迫っているので、部品を作り直す時間はないし、ネジを調達し直す時間もない。八方塞がりの中で途方にくれていた時、懇意にしていたサプライヤーさんが街の部品屋さんを当たって、品質的に問題の無い、かつ寸法の合うネジを探し出してきてくれたんです。私はそれをトランクいっぱいに詰めてその足で飛行場へ向かい、間一髪、新商品の生産を無事に発売に間に合わせることが出来ました。
後になって、原因はサプライヤーさんが用意したネジが図面と違っていたためだと分かりましたが、私はこれをサプライヤーさんのミスにしてはいけないと考えました。サプライヤーさんが間違えるような設計をした自分の責任だと。それからは開発・設計の段階から、誰がやっても正しく組み立てられて、ちゃんと性能を発揮する製品が出来上がるようにするのが私の役割であり、それがこの仕事の醍醐味なんだと考えるようになりました。

この経験が、私が開発者としての壁を乗り越えた瞬間だったとすると、これまでで最高の瞬間は本当に些細な出来事です。ある企業にうかがった際、全然知らない方のデスクの上に自分が開発した商品が置いてあって、普通に使われているのを見たんです。世の中にはいろんな商品があふれている中で、私の作った商品を選んでいただいたんだと思った瞬間、何とも言えない幸福な気持ちになりました。
それ以来、事あるごとに私の開発した商品が使われていないか探すようになったんですが、やはりステーショナリー開発の喜びって、ごく普通の日常の中に自分の商品が溶け込んでいくことだと思いますね。

コクヨという会社、そして自分の未来

社員紹介 菅原 英剛 インタビュー写真「コクヨという会社、そして自分の未来」

いつか全く新しい商品を開発して、それが自分の子どもや孫の代まで使われる商品になればいい。それが私の開発者としての夢です。

もう定年されてますが、私の最初の上司がすごい方でした。技術畑ですが、ステーショナリーの知識も工学の知識も豊富で、その知識をしっかり製品に活かすという信念を持っていました。今のコクヨの主力商品の数々を開発された方で、その人がいたから出来たという商品がいっぱいある。私もその方のような設計能力を身に着けたい、いや、超えたいと思っています。コクヨに入ってから知りましたが、子どものころから実家で使っていた文具が、実はその方が設計したものでした。だから私もそんな商品を作りたい。これまでは既存商品のグレードアップ、モデルチェンジの開発が多かったのですが、いつか全く新しい商品を開発して、それが自分の子どもや孫の代まで使われる商品になればいい。それが私の開発者としての夢ですね。

学生たちへのメッセージ

工学を学んで何かの開発に携わりたいという人は、一般的には自動車や航空機やITなど最先端のテクノロジーを扱う業界を目指すでしょう。ステーショナリーの世界は究極的にアナログですから、最先端を目指す人が最初に志向する業界ではないかもしれません。でもステーショナリーにはアナログだからこそ味わえる面白さがあります。10年単位の時間を研究に費やしてようやく一つの技術を世に出す世界ではなく、毎年毎年、自分が作ったものが世に出ていく。しかもそれは日常の中で様々な人の生活を便利に豊かにしている。そんな世界だからこそ味わえる喜びがあります。一つのことを突き詰めるばかりでなく、いろんなものにチャレンジしてみたい、世の中にいろんな価値を生み出したいという人には、とてもお勧めできると思います。

People 社員紹介