社員紹介 粟野 裕之 メインイメージ
IT

粟野 裕之 Hiroyuki
Awano

Profile

2012年4月入社
文学部 英文学科 卒業
事務系コース採用
経営管理本部 情報システム部 ビジネスシステムユニット

Poeple 社員紹介

今の私の仕事

社員紹介 粟野 裕之 インタビュー写真「今の私の仕事」

コクヨの情報システム部の仕事は、提案型の仕事ができること、そして経営層との距離が近いことが魅力だと思っています。

私が所属している情報システム部ビジネスシステムユニットは、コクヨの会計や人事、商品情報管理など業務の基本に関わる社内システムの運用保守を行なっており、私自身は売上や仕入などを管理する販売管理システムを担当しています。 もともと文学部出身で大学のレポートを作成するにもタイピングに苦労していたぐらいですから、入社当時はシステムについてはまったくの素人。ファニチャー事業の営業を希望していたのに、全く違う世界への配属だったので驚きましたし、戸惑いました。でも振り返ると、学生のころって漠然と営業や企画やマーケティング職が会社の花形に見えてしまい、それで営業職を希望していたように思います。今では情報システム部へ配属されて、自分の性格や仕事のスタイルに合っているかなと思っています。

もちろん、最初はシステムの仕組みや言語を理解するのに苦労しました。正直、何度もいやになりましたが、先輩たちの中にも理工系ではない教育学部や経済学部などの出身の方が多く、同じように苦労した体験、乗り越えた体験を色々聞くことができたので、自分も前向きな気持ちで仕事に取り組むことができました。 そして、私が配属された時期は、情報システム部は他部署の社員からお願いされることを受け身の姿勢で仕事を受けるのではなく、どんどん前に出ていってユーザーの困りごとや本質的な課題を自ら見つけて、それを解決するシステムや解決策を提案していこうという流れになっていきました。情報システム部にとってのユーザーは社内システムを使用する各部門の方々ですから、社内の各部門と積極的にコミュニケーションして困りごとを洗い出し、こちらからソリューションを提案していく提案型の仕事内容だと思いました。

さらに、情報システムの仕事の魅力としては、経営層と近い距離で仕事ができることも挙げられます。会社の重要な方針決定や制度変革があると、それに対応したシステムの改修が必要になりますから、情報システム部などの管理部門にはそうした情報がいち早く降りてきます。また、年にいくつかの社内プロジェクトチームが立ち上げられ、その中で社長をはじめ会社の経営層に報告するような場面もいくつか経験をさせてもらいました。自ら作成した資料を元に報告し、ご理解していただいた時は本当にやりがいを感じますし、経営層の考え方や視点に直接触れる機会があるということは、自分にとって大変有意義な経験だと思っています。

仕事で体験した最大の壁と最高の瞬間

社員紹介 粟野 裕之 インタビュー写真「仕事で体験した最大の壁と最高の瞬間」

情報システム部の仕事で達成感を感じるのは、システムが出来上がった時ではなく、ユーザーからの「ありがとう」の一言が聞けた瞬間です。

少し前のことですが、決算時に私がシステムの設定を一部漏らしており、決算が間違ってしまいそうになったことがありました。ユーザからの問い合わせで発覚したのですが、それを聞いた瞬間に「私がシステムの設定を忘れたからだ」と思い当たりました。何日か前に上司から「設定内容を確認しておくように」という指示を受けていたのを、あまりに多忙だったこともあって、その瞬間まで忘れていたんです。 すぐに対象になる数字や影響のある範囲を洗い出して必死でリカバリーして、なんとか正しく決算することができたのですが、会社全体が決算業務で忙しい中システム障害を起こしてしまったことが、申し訳なく、もう絶対同じことを繰り返してはいけないと思いました。やらなければならないことは、どんなに多忙でも頭の中だけに留めるのではなく、メモなどで可視化し、きちんとタスクとして認識しておくこと。この経験を元に、仕事に取り組む姿勢を改めることができ、一皮むけたように思います。

一方、情報システムの仕事でやりがいや達成感を感じる瞬間ですが、それはシステムが出来上がった時ではなく、ユーザの困りごとや課題をシステムを通じて解決した時です。ユーザーから「助かった!」「ありがとう!」の言葉が聞けた瞬間、私はやりがいや達成感を感じます。私たち情報システム部は実際、自分達でプログラムを書くのではなく、ユーザーの要件を正確に把握し、システム仕様に落とし込み、ユーザの要件に適したシステムが完成し、ユーザが抱えている問題・課題を解決できるかを確認することまでが仕事だと思っています。それも限られた期間やコスト内で行わなければなりません。その難しさを乗り越えたうえに、ユーザから感謝の声をかけられたら、うれしい気持ちになりますね。

コクヨという会社、そして自分の未来

社員紹介 粟野 裕之 インタビュー写真「コクヨという会社、そして自分の未来」

どうやって自分の価値を発揮するか考え抜いてきた先輩たちの個性や強みを吸収して、自分なりのスタイルを作り上げたい。

コクヨの情報システム部に入って感じたこと、それは今でも感じていることですが、先輩方は皆さん組織の中での自分の役割やポジションをきちんと意識し、自分の価値を十分発揮できるように仕事をしているということ。もともとシステム分野の出身ではない方々が多いので、皆さんどうやって新たな分野で自分の価値を発揮しようかと考えぬいてきた方々なんです。全体を俯瞰した視点、仕組みの理解の深さ、システム障害発生時の緊急対応など、皆さんがきちんと役割と得意分野を持っていて、そこで自分の価値を発揮している。自分はまだまだその域に達していないと痛感します。だから私は、皆さんの個性や強みを吸収しながら自分なりのスタイルを確立できるように、日々精進しています。

学生たちへのメッセージ

学生の皆さんは、営業、商品企画、マーケティングなどの職種にどうしても目が行くと思いますし、そうした職種を希望する方が多いと思います。でもそれが叶わなかった時、希望の職種に拘り続けるのではく、視野を広めて「どんな仕事内容で、会社にとってどんな役割がその仕事にあるのか」など興味をもってほしいです。自分の願い通りに物事が進むことは、人生において少ないわけですから、そこで腐ったり絶望したりするのではなく、その仕事に興味を持ち、働くことで必ず将来の自分に役立つと思います。まずはやってみよう。その仕事の本質を探してみよう、その先に何か必ず得られるはずだ。学生の皆さんには、そう考えてほしいと思います。

People 社員紹介