Top Interview 社長が語るコクヨの今と未来 メインイメージ
コクヨ株式会社
代表取締役 社長
黒田 英邦 Hidekuni Kuroda
Top Interview

Top Interview 社長が語るコクヨの今と未来

今回、学生のみなさんに社長メッセージをお届けするにあたり、経営者へのインタビュー経験を豊富にお持ちでいらっしゃる川島蓉子さんをお迎えして対談を行いました。川島さんとは、コクヨが主催しているプロダクトデザインの国際コンペティション「コクヨデザインアワード」で、審査委員を務めてくださったことを始まりにして、10年近くのお付き合いになります。これまで長い間、外からコクヨを見つめてこられた、コクヨの変化の見届け人ともいえるような川島さんと一緒に、コクヨの今、そして未来を紐解いていきます。

お客様に新しいこと、他と違うことを提供したい。そのためには、多くの社内外の仲間のチャレンジをつないで一つの大きな価値を作っていくこと。

インタビュー写真 お客様に新しいこと、他と違うことを提供したい。そのためには、多くの社内外の仲間のチャレンジをつないで一つの大きな価値を作っていくこと。

黒田:今日は快くお引き受けいただき、本当にありがとうございます

川島:こちらこそ、お役に立てるならうれしい限りです。私はコクヨとは長くご縁がありますが、もうコクヨが大阪で創業された会社であることを知らないという学生の方も多いと思います。もはや全国の会社、いえ世界の会社と言えるかもしれないですね。

黒田:はい、世界の会社になりたいですね。世界中にもっとコクヨのファンが増えたらいいなと思っています。色々な国の多様な人にコクヨの商品やサービスを使ってほしいですし、喜んでいただいて、まわりに自慢してもらえるようになって、それが拡がっていって。

川島:そうなっていくためには、何をしていけばいいでしょうか? お客様に喜んでいただくのは、言うのは簡単ですけど実際にはなかなか難しいですよね?

黒田:まずは「お客様に新しいこと、他と違うことを提供したい」を目指すこと。お客様のことを考えて、お客様が喜ぶことを見つけたら、それをサービスや商品という形にしていくために色々な部署の色々な役割の人々が協力しながら新しいことを作っていく。この状態がとても大事だと思っています。多くの社内外の仲間がチャレンジをつないで一つの大きな価値を作っていく。そうすることで、素材、デザイン、競争力のある価格、提案の仕方など、お客様に喜んでいただけるようなコクヨの独自性や特徴が生まれます。

川島:一つのチャレンジではなく、チャレンジの連鎖によって新しいものが生まれるということですね。

黒田:本当に新しいものは、今までと同じ流れ作業の中からは生まれません。みんなが協力して、その中で自分は何をすべきか、どんなチャレンジをしたいのかをそれぞれが考えて、今までと違うやり方に取り組む。そうしたチャレンジの連鎖によってこそ、新しい価値が生まれるのだと思います。

社員にとって会社は利用するもの。自分がやりたいことを、お客様が望むこと、会社が期待することにうまく重ねられると、会社はすごく魅力的な場所になる。

インタビュー写真 社員にとって会社は利用するもの。自分がやりたいことを、お客様が望むこと、会社が期待することにうまく重ねられると、会社はすごく魅力的な場所になる。

川島:新しいことへのチャレンジって、成功するばかりではありませんよね。失敗することもあると思います。それでも新しいことにチャレンジし続けたいと思う黒田社長、そしてコクヨの意思の強さは、どこから来てるんでしょう?

黒田:今43歳(※2019年12月現在)である私自身もそうですが、コクヨの30代から40代の中堅社員たちはみんな、コクヨは110年以上続いた老舗で、古くて固くて、でも優しくて、知名度もあっていい会社だけど、もっと面白く新しくできそうだ、もっと軽やかに変わっていけそうだと本気で思っている。今のコクヨがあるのは私たちの先輩たちのおかげで、お客様と向き合って信用を一つ一つ積み重ねて、時々の壁も乗り越えて、お客様からの信頼をなんとか勝ち取ってきたのが今のコクヨの状態。これをより良くしていくことは、バトンを繋ぐ者として息をするようにみんなやっているのですが、時代の変化によってお客様からの支持が得られなくなる商品群や事業の一部もあって、それを乗り越えようとすると、新しいことや今までと違うことにチャレンジせざるを得ない。110年以上の歴史を積み重ねてきたコクヨが新しいことをやろうとすると、若い人間たちが自ら率先してチャレンジしていかなくてはならないとみんな思ってくれてるし、私もそう思っています。

川島:これから就職する学生の方々にとっては、新しいことへチャレンジするならベンチャー企業のほうが自由度が高そうに見えるかもしれません。若い人々がコクヨのように歴史ある企業で新しいことにチャレンジする意義をどうとらえればいいでしょうか?

黒田:コクヨのような会社が新しいことにチャレンジすると、多くのお客様や多くの社外パートナーの方々が期待して応援してくれる。そういう背景のもとにチャレンジできるというメリットがあります。加えてコクヨの中にいる個々の人間にとっては、コクヨのこれまでのビジネスの基盤やノウハウ、社内外の多くの仲間、ブランドなどの資産を大いに活用できる。それがコクヨで仕事することの醍醐味だと思います。会社は利用するもので、自分がやりたいことを、お客様が望むこと、会社が期待することにうまく重ねられると、会社ってすごく魅力的な場所になると思うんです。もちろん受け身になってしまうと辛いですけど。

多様であることがますます尊重されていく社会では「働く」「学ぶ」も多様化していく。そこに貢献していくために、自分たち自身も、個性を引き出し、創造性を発揮する集団に。

インタビュー写真 多様であることがますます尊重されていく社会では「働く」「学ぶ」も多様化していく。そこに貢献していくために、自分たち自身も、個性を引き出し、創造性を発揮する集団に。

川島:既存の事業領域である文具や家具のビジネスがベースにあるとして、新しいことへチャレンジをしていく先にコクヨが向かう方向性をどのように見つけようとされていますか?

黒田:コクヨの主力商品である文具や家具は非常にアナログな商品で、急速なIT化の流れの中では時代から取り残されるんじゃないかという見方もあります。でも私たちはお客様の働く・学ぶシーンにおいて非常に多様な商品群を持っているので、一人のお客様を私たちの商品やサービスで取り囲み、お客様のニーズを常に360度で捉えることができる。もちろん技術や専門性を大事にして磨いていきたいと思っていますが、一番重要なのはお客様をどう捉えるか。それができれば新しい商品やサービスを生み出すチャンスは無限にあるし、そこから新しい方向性がおのずと見えてくると思っています。

川島:社会の変化のスピードはますます速まり、お客様の働き方や学び方も激変していくでしょう。おそらく世界中の誰もがその答えを見つけられていない中で、コクヨはどのような見通しを持っているのでしょうか?

黒田:多様であることを尊重する価値観がもっともっと進んでいくでしょう。例えば私たちの事業領域である学ぶシーンでも、何のために勉強するのかという目的がもっと多様化していくと思います。人はみんな違うし、バックグラウンドも違う。個人が活き活きと自分らしく生きていくために、自分の意見を主張する一方で、お互いの違いを認め、尊重する。個々が違うことをいかに社会や人生の豊かさにつなげていくか、そんな大きな流れがあると思っています。そして私たちは、そこにこそ私たちが人々の役に立てる可能性があると考えています。

川島:多様性の尊重が社会を豊かにする。そこに貢献するためには、コクヨ自身が多様である会社になっていく必要がありますよね。従来の大企業は個々が均質であることを求めてきたので、多様化への方向転換はなかなか難しい中、そこにコクヨは舵を切りつつあると感じます。どんなことを意識していらっしゃるのでしょうか?

黒田:まず社員のみなさんには創造性を求めたいと思っています。クリエイティブであることや新しいことへのチャレンジ。もちろん生産性を高めることも大切なのですが、それは今後デジタル化やロボットの力を借りて実現していくでしょう。ITやロボットにできない、個々の人々に発揮してもらいたいことは、やはり創造性です。人間には誰しも生まれ持った創造性があり、それは人間の大きな特徴だと思います。そしてそれを発揮してもらうためには、その人の個性を尊重して引き出すことが重要だと思っています。

川島:社員の個性を尊重して創造性を引き出すとは、具体的にどうすればいいのでしょうか?

黒田:いかに個人の主体性を引き出せるか、だと思っています。主体性とは、会社から言われたことをそのままやるのではなく、その仕事を通して自分は何をしたいのかという意思を持っていること。そのためには、自分はこの会社で何をしたいのか、仕事を通してどんなことをやってみたいのか、どう成長していきたいのかを常にオープンに話せる状態を作ることが、社員の個性を引き出し、個々が創造性を発揮することにつながると思っています。

若い人が自分の成功や成長の実感を持てる会社にしていきたい。それが会社の成長とつながっている状態をつくること。それがコクヨという会社の思い描く未来への夢。

インタビュー写真 若い人が自分の成功や成長の実感を持てる会社にしていきたい。それが会社の成長とつながっている状態をつくること。それがコクヨという会社の思い描く未来への夢。

川島:これからの世の中では、大きな企業ほど、社会とどう接点を持つか、どう貢献するかが厳しく問われていくように思います。コクヨではそのあたりをどう考えていらしゃいますか?

黒田:私たちは文具や家具を作っていますから、例えば森林や鉱物資源を使うメーカーの責任として環境問題に対応していくことなどはもちろん大事です。でももっと踏み込んで、社会におけるコクヨの存在意義は何だろうと考えると、お客様が働いたり学んだりするシーンに私たちがどう貢献できるか、つまり人々が創造的であることにどこまで貢献できるか、ということだと思います。人が創造的になれば世の中は良くなるし、いろんな問題を解決しようという人が増える。例えばベトナムでもキャンパスノートを販売していますが、現地の他の商品と比べると質が良い分少し高いんです。でもそのノートを苦学生がバイトをして購入して使ってくださっているようなシーンを見ていると、私たちが社会問題を直接解決する訳ではないけれど、国の教育水準に間接的に貢献できているのではないかと想いを巡らせたりします。これからも、私たちの商品やサービスを通じて人が創造的であることにどこまで貢献できるかを、社会との大切なつながりとして持ち続けたいと思っています。

川島:先ほどから黒田社長のお話の中で「創造性」という言葉が重要なキーワードになっていますが、その背景にはどのようなことがあるのでしょうか。ご自身の経験も含めて教えてください。

黒田:私はコクヨに入ってオフィス家具の事業からキャリアをスタートしたんですが、当時、私が構築に関わったオフィスでその企業の社員の方々が、実際に活き活きと働く姿を見るとそれだけで嬉しかった。ある企業様の案件で、商品開発部門の方々が働かれるオフィスを構築したときに、その後、彼らが開発した新製品が発表されて話題になったことがあり、これは自分が作ったオフィスで作られたんだ、つまり自分もそこに何か役に立てたのではないかとまで勝手に思って(笑)。今なら例えばキャンパスノートは年間1億冊売れてますけど、私たちの作ったノートに人々が何を書こうかなってワクワクしながら考える瞬間を1億回も生み出してるんだと思うと、やっぱり楽しくなる。そしてそんな瞬間を持てることが、私たちの仕事の醍醐味なんです。

川島:コクヨの商品やサービスが人々の創造性を刺激する場面を、若い時から見てこられたんですね。それでは最後に、黒田社長は今後に向けてどんな夢を思い描いていらっしゃるのか教えてください。

黒田:私が仕事をしていて一番嬉しいのは、一緒に働いている人が変わったなと思う時です。もちろん20代30代の若い社員たちが日々成長して変わっていくのも嬉しいですが、もっと上の、40代50代の社員たちがそれまでの経験や実績にこだわらず新しいことにチャレンジして、リーダーシップを発揮して、それが周りの人々にも評価されたりすると本当に嬉しくなる。だから社員全員が個性を発揮して、自分のやりたいことにチャレンジしながら成長して、それが会社の成長につながっていく、そんな状態を作りたい。今私たちは110年以上の歴史の中で培った商品や事業をベースにしていますが、これからは若い人たちが後で振り返った時に、自分は何を作ったとか、自分が何かを変えたって言えるものを作っていかなくてはいけない。先人の作り上げてきたものを壊すのではなく、それを次の投資やチャレンジにつなげて、若い人たちが自分の成功や成長の実感を持てるようにしていきたい。それが私の、ひいてはコクヨという会社の思い描く未来への夢です。

川島:本日は黒田社長から貴重なお話をうかがうことができました。ありがとうございます。

黒田:こちらこそ対談をリードしていただき、ありがとうございました。

(左)インタビュアー 川島 蓉子(かわしま ようこ)さん (右) コクヨ株式会社 代表取締役 社長 黒田 英邦(くろだ ひでくに)
インタビュー写真 (左)インタビュアー 川島 蓉子(かわしま ようこ)さん